ポイント(爪・ツース)ツース盤(平爪)シールキットエレメントフィルター座席・シート
バッテリーアタッチメント・フォーク走行・足回りバケットフックライト・作業灯
スプレーオイルゴムパッドチゼルスペーサーシム
ゴムクローラー型式から探す 初めてのご利用ガイド ゴムクローラーサイズの見方 ゴムクローラー交換方法 ゴムクローラーQA ゴムパッド適合一覧表
型式から探す 車台シリアル番号の見方 シリンダーシール交換方法 ポイント(爪)交換方法 ピン径・シム一覧 建機パーツ Q&A

シリンダーシール交換(オーバーホール)について

ゴムクローラー・建設機械部品の通販 エースファクトリー 建機パーツストア
シリンダーのオーバーホール
お問合せを多く頂く【シリンダーオーバーホール(シール交換)】の方法を
ご案内致します。

オイル滲みからオイル漏れまでの進行は、非常に早いものです。
漏れたまま放置すると、圧力不足で保持できず、降下の原因となります。
早め早めの交換を、強くお勧めします。
ご注文の際には
  • 交換作業は一部に危険を伴う場合があり、正しく行わない時には
    事故につながる可能性があります。
    作業に慣れていない方は、専門業者への依頼をお勧めします。
  • シリンダーは機体の種類、型式、装着箇所を問わず、基本的な構造は似ています。
    しかし、シールの形状や交換方法が異なる場合があります。
    外れ止め・緩み止め等にも十分ご注意の上、交換をして下さい。
    本文は一般的な場合の参考(イメージ)としてご覧下さい。
  • 交換には、専用の工具を必要とする場合がございます。
  • 当店のシールキットは、【ヘッドカバー側】【ピストン側】をセットとした
    オーバーホールフルキットです。
    ※ブッシュは別売りとなります。

    ヘッド側のシール類が劣化すると、シリンダー内部からのオイル漏れの原因となり、
    外からの異物の混入にもつながります。
    ピストン側のシールが劣化すると、シリンダー内部リークが起こり、動作不良や
    自然降下の原因となります。

    ご要望により、【ヘッドカバー側】のみ、【ピストン側のみ】の販売、あるいは
    シール単品での販売も可能です。
    しかし作業工程から見て、【フルキットでの交換】を強くお勧めします。

    ヘッドカバー側のみ、ピストン側のみの様に、片側だけを新品にすると、
    その交換した側だけ密閉率が上昇します。
    その結果、交換していない側に大きな負荷がかかり、再度、トラブルが発生する事案が
    多数ございます。

    モデル型式:ヤンマー SV08 アームシリンダー
    ゴムクローラー交換方法
    シリンダーを分解します
    分解時に対象シリンダーを機体に装着したままで行う場合と、
    機体から完全に外してから行う場合とございます。

    どちらを選択されるかは、型式や対象シリンダー、作業効率からご検討下さい。

    (注意)
    分解する前に、接続ホースなどから作動油が漏れないように、漏油処理を
    必ず行って下さい。
    シリンダー内を減圧する
    機体に装着したままで、ヘッドを外す場合は、
    必ず接続ホースを緩めて、内部圧力を減圧してから外して下さい。
    内部に残った作動油が勢いよく出る場合があり、受け皿などを事前にご用意する
    ことをお勧め致します。
    ヘッドカバーを外します
    シリンダーのチューブ上部に、ヘッドカバーがございます。
    ミニクラスの場合は、フックレンチやパイプレンチなどで外します。

    (注意)
    型式により、ヘッドカバーに止めピンや爪がある場合がございますので
    ご注意下さい。
    ロッドを引き抜く
    シリンダーチューブから、まっすぐにロッドを引き抜きます。
    ピストン側にもオイル残りがありますので、
    ヘッドカバーを外す時と同様に、受け皿を事前にご用意することをお勧め致します。

    (注意)
    完全にロッドを抜いたあと、シリンダーチューブ側の内部点検を行い
    その後、必ず水・ホコリ等の異物が入らないよう処置をして下さい。
    ロッド分解
    ロッドを分解するために、ロッド下部のナットを外します。

    (注意)
    型式・シリンダーに応じて
    【ナットに止めピン】や【タップ】がある場合がございます。(抜け留め用)
    無理に回さず、十分確認をしてから、外して下さい。
    ヘッドカバーとピストンを引き抜く
    ヘットカバーとピストンをゆっくり引き抜きます。
    ロッド・ヘッドカバー・ピストンと3つの部品のそれぞれにキズが付かないように
    保管して下さい。
    ロッドの点検
    外した際に、ロッドの点検をお勧めします!
    漏れの原因がロッドの曲り、キズやサビの場合もあります。
    曲りがないか、キズやサビがないかもチェックします。

    サビがある場合:オイルストーンや目の細かい1500番程度のやすりで磨いて
    調整して下さい。
    キズやバリも上記で対応可能ですが、大きなキズの場合は修理が必要となります。
    シール交換
    シールの交換はヘッドカバー側セットと、ピストン側セットで構成されます。
    当店が販売しているシールキットは、両側のセットがまとまった【フルセット】
    での販売です。
    ※写真は、別売りのブッシュが同梱されております。

    (注意)
    他の販売店では、ヘッド側のみ・ピストン側のみで【シールキット】と販売している場合もございます。
    バラでの購入は割高となりますので、ご注意下さい。
    それぞれ交換するシールを並べ、交換する準備をして下さい。
    シールにより材質が異なり、伸びる物や割れている物などがございます。

    微妙なサイズ違いの物などあります。1個1個、確認しながら注意して下さい。
    入れ替えにはオイルを塗りながらや、グリスを付けながらなどして頂くと
    スムーズに交換が可能です。

    (注意)
    シールには装着の上下や表裏など【向き】がございます。
    必ず確認を行いながら進めて下さい。
    シールによっては、2重ではまる箇所もございます。
    同等サイズのシールや、微妙なサイズ違いのシールなどもあります。
    取り間違い無いようにご注意下さい。

    一気に交換すると順番を間違える場合や、向きを間違える場合もあります。
    1個1個、サイズが同じシールか、向きは同じかを確認しながらの交換を
    お勧め致します。

    (注意)
    シールには装着の上下や表裏など【向き】がございます。
    必ず確認を行いながら進めて下さい。
    素材や形状により、装着が難しいシールもあります。
    その場合は、熱いお湯につける・熱風で温めるなどしてシール自体を柔らかくして
    作業を行うことで、改善する場合もあります。

    (注意)
    シール自体は、非常に精密部品です。
    破損や損傷等無いように、十分、注意して下さい。
    全てのシール交換が終われば、オーバーホール完了です。
    あとは、外した順序の逆の工程で戻して終了となります。
    戻す際は、オイルを塗りながら作業をすると、組み込みが容易になります。
    シール交換前のチェック
    ピストン部のシールで、上下同じサイズを装着している仕様の場合は
    必ず切り込み部分が180度反転するように組み込んで下さい。

    同方向に切り込みがあると、トラブルの原因となります。
    組み戻し・組み上げ
    取り外しと逆工程で組み上げていきます。

    (注意)
    ロッド下部の、ナットの締め忘れにご注意下さい。
    ヘッドカバーとピストンをシリンダーに戻す
    組み込んだシールにキズが付かないように注意しながら
    シリンダー本体に戻していきます。

    (注意)
    無理に組み込むとシールを破損してしまう場合がございますので、ご注意下さい。
    特に、シリンダーチューブにピストン部をはめ込む際は、慎重に行って下さい。
    シリンダーを機体に装着
    シリンダーをショベル本体に取付け、規定トルクにて締め付けて下さい。
    負荷をかけずに試運転を行い、
    各部の増し締め及び、作動油等のオイルの補充も忘れずに確認をして下さい。

    (注意)
    エア抜きが必要なシリンダーの場合は、忘れずに実施して下さい。
    基本的には、対象シリンダーを負荷をかけずに数十回程度の伸縮往復を
    繰り返し行うと、エア抜き作業は完了します。
    シリンダーのオーバーホール
    シリンダーの構成部品には、シールキットとは別にヘッドの内部に【ブッシュ】
    という部品がございます。交換するための同等部品も販売しております。
    (シールキットとは別売りです)お気軽にご相談下さい。

    交換が必要かとのご質問をよく頂きますが、基本的には鉄製ですので、経年劣化
    する部品ではございません。
    シール交換時に目視にてキズ、サビなどがないかどうかをご確認下さい。
    しかしロッドの軸を出す部品となるため、古い型式や過去のメンテナンス履歴が
    分からない場合は、定期的な交換をお勧め致します。
    軸がずれている場合などは、シール交換のみではトラブルの解決にならない場合が
    ございます。写真のように、ヘッド下部からライトを当てるなどすると、目視では
    見つけにくい、キズなどが見える場合もあります。
    外す及び付ける時には、ブッシュを圧入するための道具が、基本的に必要と
    なります。軸を出すため、作業はシール交換に比べて容易ではございません。
    当店では、一般の方のブッシュ交換作業をお勧めしておりません。
    シール交換ではオイル漏れが止まらない場合や、メンテナンス履歴が不明な機体に
    関しては、ブッシュ交換をご検討下さい。
    ご注文の際には
  • 上記内容はあくまでも、作業における参考イメージとなります。
    作業に不安を感じる方や、作業に慣れていない方は、専門業者へのご依頼を強くお勧め致します。
    シリンダー交換作業は、当店姉妹店でも受け付けております。ぜひご相談下さい。
  • シリンダーは、機体の型式、装着箇所を問わず基本的な構造は似ています。
    メーカーや型式、シリンダーの種類に応じてシール形状や交換方法が異なる場合が
    あります。
    また、外れ止め・緩み止め等にも十分注意の上、本文はあくまでも参考イメージとしてご覧下さい。
  • シリンダーの構成部品は、全て精密部品です。
    外した時の保管等はキズをつけないよう、お気を付け下さい。
    交換には、専用の工具を必要とする場合がございます。
  • ご利用案内

    配送料について
    送料は 全国一律 1,500円(税込) 商品代金 15,000円以上(税別) お買い上げで 送料無料!!

    *ゴムクローラーは、金額・数量を問わず、全サイズ送料・代引手数料無料(注)沖縄を含む、離島は除く

     なお、離島(沖縄県を含む)のペール缶(20L缶)は送料無料の対象外です。
     1缶につき 金額は別途 加算します。
     ★送付先に応じて、加算金額は異なります。
     システムの都合上、ご注文時には計上されませんが、受注後に計上しますので、ご了解をいただいた方のみご注文下さい。
     (商品代金が 15,000円(税別)を超えても、ゴムクローラーとの同時注文でも加算します。)

    *お支払いにポイントをご利用後、商品代金の合計が15,000円(税別)を下回った場合は送料1,500円(税込)が加算されます。ポイントご利用時はご注意ください。

    ※大型商品・セール品・アウトレット品などは、金額に関わらず、送料と梱包料金などが別途発生する場合がございます。
     それぞれの商品欄にてご確認ください。
     また沖縄を含む、離島への(ゴムクローラーを含む)大型商品の送付は、送料を別途、お見積致します。
     ご注文前に必ずお問合せ下さい。
    お支払いについて
    お支払い方法は以下の方法からお選び下さい。
    ★コンビニ(番号端末式)
    ★クレジットカードは下記がご利用可能です。
    手数料について
    【代引】
    商品代金、送料などの合計金額(税込)が

    ¥30,000未満は ¥700(税込)
    ¥100,000未満は ¥1,000(税込)
    ¥300,000未満は ¥1,500(税込)
    ¥500,000未満は ¥3,000(税込)

    *ゴムクローラーご注文時は無料です!

    【銀行振込】
    ご利用予定の金融機関に応じて異なります。
    ご利用の金融機関へお問合せ下さい。

    【クレジットカード】
    手数料無料!

    【コンビニ払い】
    コンビニ(番号端末式)・銀行ATM・
    ネットバンキング決済
    一律¥1,000(税込)

    【Paid(掛売・後払)】
    手数料無料!

    詳しくは、下記をご参照ください。

    Paid 掛け(後払い)対応中

    ※ご購入金額・商品や保管倉庫により選択できる支払方法が異なります。表示される決済方法をご確認下さい。
    また、ご注文確定後ご希望の決済方法を、変更させて頂く場合もございます。予めご了承下さい。
    納期について
    <銀行振込・コンビニ決済の場合>
    ご入金確認日の翌営業日から3営業日以内に発送致します。

    <カード・代引決済の場合>
    ご注文日の翌営業日から3営業日以内に発送致します。

    *配送の状況は、発送連絡メールにてお知らせするお問合せ番号(伝票番号)を使って、運送会社にお問い合せ頂くか、当店へお問い合わせ下さい。
    *商品の特性上、如何なる状況においても、出荷日保証・到着日保証は致しかねます。予め余裕をもってご注文頂きますよう、ご理解をお願い致します。

    ★土日・祝日は定休日です
    返品・交換について
    商品の性質上、お客様の都合による返品は原則的にお断りしています。

    1.商品に瑕疵がある場合。
    2.当店の過失により、お客様が注文した商品と相違する商品が届けられた場合。

    上記に該当する場合、商品到着日より5日以内に“メール”で ご連絡をお願いいたします。
    この期間を過ぎた場合、一切返品はお受けできません。あらかじめご了承ください。
    なお、返品と交換は未使用品に限ります。

    保証の付随している商品で、保証期間の場合は保証期間内で 上記とは別にご対応させて頂きます。

    不良品・保証適用の配送費、誤品配送の配送費は当社が負担致します。
    保証期間内であっても返送までに掛る費用(脱着費・梱包費・商品代金以外の一切等)はお客様にてご負担となります。
    予めご了承ください。

    <受取拒否・配送保管期限超過による 返品について>
    ご御注文を頂き、発送完了後は如何なる事情においても一切【キャンセル】は出来ません。
    受取拒否・配送保管期限超過等による返送の場合には事務手数料として商品代金の10%及び往復送料をご請求致します。

    <受注生産品キャンセルについて>
    受注生産品のキャンセルに関し、生産開始後は如何なる事情においても一切【キャンセル】は出来ません。
    また、お支払決済後の生産開始前であればキャンセルはお受けできますが、事務手数料として商品代金の10%をご請求致します。

    受注生産品のご注文の際は、サイズ・適合等を十分ご注意の頂き、上記をご了承の上ご注文をお願い致します。

    国内より海外への発送をされた商品・部品に関しては
    如何なる理由においても、一切の返品・交換はお受けできません。予めご了承ください。
    配送について
    商品により、運送会社は異なります。
    重量物の場合、積み下ろしにお手伝いを頂く場合や、フォークリフト等が必要になる場合がございます。
    最寄りの配送会社の営業所留めの手配も可能です。ご注文前にご相談ください。

    個人情報について
    お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、 裁判所・警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。
    お問い合わせ
    エースファクトリー 建機パーツストア
    〒143-0012 東京都大田区大森東5-17-2
    Mail:support@kenki-parts.com
    TEL:03-5767-9300 FAX:03-5767-9410
    友だち追加

    ページトップへ